リンゴのカロリーと栄養について

リンゴには酸味も甘みもあって、美味しいですよね。

ダイエットの際によく取り入れられるこのリンゴ、どうしてダイエットの良きパートナーになっているんでしょうか。
まずリンゴについて詳しく紹介したいと思います。

リンゴの画像

そもそも食べ物にはカロリーというものがあります。
リンゴにももちろんカロリーがあります。
生のリンゴ果実の場合、100グラムあたり約53kcalというのが一般的なリンゴの数値ですね。
リンゴと同じくダイエットの場面によく登場するバナナ。
バナナのカロリーはリンゴよりも高い約85kcalとなっています。
リンゴは中心の芯部分以外食べることができ、水分も豊富なので果汁としてもよく扱われますよね。
リンゴには様々な種類があるのですが、だいたいカロリー自体はそれほど差はないと思います。
でも、ただカロリーが他の果物に比べて低いだけではダイエットの強い味方にはなりません。
ダイエットに効果的な理由はやっぱりリンゴの栄養成分なんですよね。
リンゴには水分や糖分のほか、食物繊維、カリウムやビタミン、たんぱく質にリンゴ酸、そしてポリフェノールなど数多くの栄養素が含まれています。
まずカリウムは健康に欠かせない成分です。
体内のナトリウムによって血圧が上がることを防いでくれますし、冷え性の人などに血行を良くする作用が効果的です。
利尿作用もあるのでむくみが気になる人にも良いと思います。
リンゴに含まれている食物繊維は水溶性でペクチンと呼ばれます。
このペクチンは腸内環境を整えてくれる作用を持っています。
ダイエット中というのは食事が偏ったりすることで便秘がちになり、悪循環になってしまうことも多いのですが、リンゴに含まれるペクチンの作用で腸内の善玉菌が増えてくれます。
このことで便秘の原因となる悪玉菌が増殖することはなく毎日快適なお通じがあるということになるんですよ。
そして最も注目されるリンゴの中のポリフェノール。
このポリフェノールは活性酸素を抑制してくれる働きをします。
活性酸素は体の中の細胞の働きを老化させてしまうもので、血行不良の原因になります。
すると便秘になったり肌荒れを起こしたり、体の中でも外でもトラブルが起こってしまうことになるんです。
ダイエット中は十分な栄養成分を摂取できないことが多く、体重が減ってもお肌はカサカサで老けこんでしまうという人も少なくないんですよ。
健康的にダイエットして美しくなるには、ただ体重を落とすだけでなく体の中からケアしてあげる必要があるんです。
ポリフェノールを摂取することで体内の環境は良好になりお肌も潤ってくれると思います。

このようにリンゴには魅力的な栄養成分が他にもたっぷり含まれています。
ダイエットに挑戦するのであれば、出来るだけ美しく健康的に痩せたいと思うのは当然ですよね。
こういった望みを叶えてくれるのは、やっぱりリンゴのパワーなんですよ。
リンゴのカロリーや栄養成分をしっかり把握して、確実にダイエットに成功できるよう取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>